小規模事業者持続化補助金の申請支援・無料相談(2022)

小規模事業者を対象とした補助金です。公式サイトは、商工会議所管轄地域商工会管轄地域の2つがあります。

補助金事業の目的

小規模事業者が今後複数年にわたり相次いで直面する制度変更(働き方改革や被用者保険の適用拡大、賃上げ、インボイス制度の導入等)等に対応するため、小規模事業者等が取り組む販路開拓等の取組の経費の一部を補助することにより、地域の雇用や産業を支える小規模事業者等の生産性向上と持続的発展を図ること

補助の対象

応募できる企業等

  • 小規模事業者であること
  • 資本金又は出資金が5億円以上の法人に直接又は間接(※)に100%の株式を保有されていないこと(法人のみ)
  • 確定している(申告済みの)直近過去3年分の「各年」又は「各事業年度」の課税所得の年平均額が 15億円を超えていないこと

補助対象となる経費

補助額・補助率

類型別一覧表

特別枠の概要

採択基準

応募要件

  • 策定した「経営計画」に基づいて実施する、地道な販路開拓等(生産性向上)のための取組であること。あるいは、販路開拓等の取組とあわせて行う業務効率化(生産性向上)のための取組であること。
  • 商工会・商工会議所の支援を受けながら取り組む事業であること 等

審査基準

  1. 自社の経営状況分析の妥当性
  2. 経営方針・目標と今後のプランの適切性
  3. 補助事業計画の有効性
  4. 積算の透明・適切性

加点要件

政策的観点から加点が行われます。以下に例をあげます

  • 経営力向上計画の認定を受けていること
  • 応募申請において電子申請を行うこと

ご支援について

支援期間

3週間程度(公募のスケジュールにより変動)

料金

お問い合わせください。

ご支援の流れ

事前相談

経営者様とヒアリングを行い、事業内容、申請予定の投資計画などを確認します。

また、当社サービスの詳細についての説明を行います。

原則として、事業者様にて、以下のことを実施する環境が必要です。不安がある場合にはご相談ください。
・WordおよびExcelによるファイルの編集
・WordおよびExcelの電子ファイルをPDFに変換する
・Word、Excel、PDFの電子ファイルを紙に印刷する
・CD-RまたはUSBメモリにデータを格納する

発注・契約

発注をいただいたのち、電子契約を締結します。

ヒアリング

当社よりExcel形式のヒアリングシートを提示し、事業者様にて記入・返送いただきます。また、必要に応じて追加ヒアリングを実施します。

申請書の作成

当方にて指定書式のドラフトを、審査項目に適合する形で作成します。
その後、経営者様と当社とで協議して申請書を最終化します。

申請手続

申請書と必要書類を提出します。「郵送申請」と「電子申請」の方法を選択できますが、電子申請には事前の手続(GビズIDプライム取得)が必要です。

事業者様の状況により、「ファイルのPDF化」「資料印刷」「代表印の捺印」「USBメモリ等への保存」「印鑑証明書・納税証明書の取得」等が必要となる場合があります。

採択・ご請求

採択発表後に成果報酬をお支払いいただきます。

事業実施・報告・補助金支給

事業者様において、事務局が定めるマニュアルに則って事業を実施し、期限内に事務局に完了報告します。報告の様式には、主としてWord形式またはExcel形式のフォーマットが用いられます。

一連の手続を完了後に、補助金が口座に振り込まれます。

対応エリア

全国(原則として電話・メール・Web会議での対応)

北海道、青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県、東京都、千葉県、神奈川県、埼玉県、茨城県、栃木県、群馬県、新潟県、富山県、石川県、福井県、山梨県、長野県、岐阜県、静岡県、愛知県、三重県、滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県、鳥取県、島根県、岡山県、広島県、山口県、徳島県、香川県、愛媛県、高知県、福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県